ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードを、口コミや評判をはじめ、さまざまなデータから徹底比較しておすすめを厳選紹介!

ドッグフードは手作りか市販品どちらを与えるべき?

最近、犬を飼っている方々の中で、ドッグフードを手作りするというのが少しだけ流行っているようですね。手作りといってもドライフードのような固形物ではなく、どちらかと言えばウェットフードに近いものを野菜やお肉、ごはんを使って作っていくというやり方です。

大事なワンちゃんに手作りのごはんを食べさせてあげたいという気持ち、よくわかります。ですが、市販のドッグフードと比べ、本当に優れているのでしょうか。ちょっとばかり調べてみました。

・手作りごはんのメリットは?

ワンちゃんのごはんを手作りすることによるメリットは、いったいどのようなものでしょうか。もっとも大きなポイントは、コストや時間を抑えられるということです。レシピを調べてみた限りでは、手作りドッグフーdのほとんどはお米などの穀物が中心となっています。これによって、高価なドッグフードを作るよりもコストが抑えられるということになりますね。また、わざわざペットショップに行く手間も省けます。近くにペットショップがない場合は、大幅な時間の節約になるかもしれません。

それに、愛するワンちゃんに手料理を食べさせてあげるという満足感も得られます。実はこれが一番大きいのではないでしょうか。かわいい愛犬だからこそ、ごはんぐらい自分で作ってあげたいという気持ちがありますよね。

・手作りごはんは非常に手間がかかる

でも、ワンちゃんの手作りごはんを作るというのは、なかなか簡単なことではありません。よく「人間の食べられるものは犬でも食べられる」という意見がありますが、それはやや極端な意見です。たとえば熱々のスープなんか、ワンちゃんは食べられません。

また、調味料を使ってもいけませんし、刺激のある素材も相性がよくありません。その他魚の骨など、ワンちゃんには苦手なものがたくさんあるので、なかなか人間の料理と同じようにはいきません。ワンちゃんが安全に食べられるよう、さまざまな手間と工夫をしなければならないのです。

そもそも、ワンちゃんにとって「おいしいもの」を作らなければなりません。せっかくがんばって作ったとしても、食べてくれない可能性が小さくないのではないでしょうか。

・手作りごはんにはリスクもある

そしてまた、ワンちゃんの手作りごはんにはリスクが潜んでいます。先ほど、手作りごはんのレシピにお米が使われていると言いましたが、実はこれがよくありません。

昨今「グレインフリー」とよく言われているように、穀物を使わないドッグフードが高く評価されている傾向にあります。その理由としては、穀物が犬にとって消化が悪く、腹痛などを引き起こす原因になり得るからです。

それに穀物は糖分もたくさん含んでいるので、お米で量を補おうとすれば、肥満の原因となってしまいます。人間だって最近は「抵糖質レシピ」として、穀物を使わない食事が考案されていますよね。

もし、ワンちゃんにとって栄養豊富でなおかつ本当に安全な手作りごはんを作ろうと思えば、やはりかなりの手間とコストがかかってしまうのではないでしょうか。

・高品質市販品ドッグフードがおすすめ

私の考えとしては、やはり手作りごはんよりも市販のドッグフードをおすすめしたいです。でも、ただのフードではいけません。海外の一流メーカーが開発した、高品質なものを推薦致します。これらはワンちゃんの身体について知り尽くした研究者が関わっているので、栄養バランスがばつぐん。もちろん肥満対策もしっかりしています。

確かに値段は少々高めですが、下手な手作りごはんや低品質なドッグフードでワンちゃんの健康を害してしまうことを考えれば、問題ではありません。商品によっては無料サンプル版などもありますので、無理に手作りで済ませてしまう前に、一度お試しになってみてください。