ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードを、口コミや評判をはじめ、さまざまなデータから徹底比較しておすすめを厳選紹介!

グレインフリーのドッグフードをあげておけば本当に安心?

ワンちゃんのごはん選びにおいてもっとも大事なことは、安全と健康です。そのドッグフードを食べることによって本当にワンちゃんが健やかな生活を送ることができるのかどうか、しっかり見極めなければなりません。

そんな中、愛犬家の間で流行しているのが、グレインフリーのドッグフードです。これをあげておけば安全という声もあります。果たしてグレインフリーのごはんは本当に安心できるのか、解説していきましょう。

グレインフリーとは何?

そもそも、グレインフリーとはいったい何のことでしょうか? 「グレイン」というのは穀物のこと。たとえば大麦や大豆、トウモロコシといった素材のことです。安価なドッグフードではこれらを大量に配合することで、その量を半ば無理矢理増やす傾向があります。

それを一切止めようというのが、グレインフリーの考えです。「穀物が入っていないドッグフード」がグレインフリーだと覚えておきましょう。

グレインフリーのメリット

そのようなグレインフリーには、ワンちゃんにとってさまざまなメリットがあります。まず、消化のしやすさです。ワンちゃんというのは元のオオカミを辿っていけば肉食でした。生活環境の変化で雑食となっていきましたが、やはり肉類の方が栄養摂取に適しており、穀物を体内で消化するのはあまり得意ではないのです。そのため、穀物が大量に含まれたフードを食べてしまうと、お腹を壊し気味になり、頻繁に下痢などの症状に悩まされることがあります。穀物を使っていないグレインフリーであれば、ワンちゃんであっても消化がしやすいから、栄養の摂取もバツグン。消化不良でお腹を下してしまうといったことも防げます。

また、カロリー面においても有効です。穀物というのは糖分が大量に含まれています。その上、安いドッグフードはかさ増しのためにかなりの量を配合するので、カロリーが非常に高くなってしまうのです。運動してもなかなかワンちゃんの肥満が治らないという場合は、ひょっとするとドッグフードに問題があるのかもしれませんね。そういう時はグレインフリーのごはんに替えてみることをおすすめいたします!

そして、アレルギー対策としても有効です。ワンちゃんの中には穀類、特に大豆などに対してアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。これは人間も同様ですよね。それを放っておけば、ワンちゃんの命にすら関わりかねません。グレインフリーのごはんであればそういう心配はありませんから、そうでないフードを食べさせている場合はすぐにでも置き換えるべきです。

グレインフリードッグフードのデメリットは?

それでは、グレインフリーのドッグフードを食べさせるに当たって、何か欠点はあるのでしょうか。もっとも大きなデメリットとしては、値段の問題です。安く量を増やせる穀物を使わないということは、その穴埋めをコストの高い素材で補うということ。ですので、お店で購入する場合のお値段というのはどうしても高くなってしまいます。

また、安価なドッグフードに比べて量自体も少なくならざるを得ないので、ワンちゃんによってはなかなか満足感を得られず、ストレスになってしまうことがあるかもしれません。とはいえ、グレインフリードッグフードメーカーによっては、サツマイモなど腹持ちのよい素材を配合することによって対策をとっている場合もあります。

とはいえ、グレインフリーフードの欠点はこれぐらいしかありません。値段の問題はどうしてもありますが、ワンちゃんの健康や安全面においては、そうでないものより断然信頼がおけます。私個人としては、そこらへんで売られている安価なごはんよりもずっとオススメしたいです。グレインフリーのドッグフードは店舗の他、ネットでも購入することが可能です。海外の一流ブランドも国内展開を行っているので、いろいろ検討してみましょう。