ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードをさまざまなデータから比較しておすすめを厳選紹介!

ドッグフード以外に愛犬に食べさせて良いものと悪いもの

ワンちゃんがごはんを食べている姿ってとってもかわいいですようね。あまりにもおいしそうに、幸せそうに食べている光景を見ていると、こちらも癒されてしまいます。

せっかくだから、もっとたくさんのものを食べさせてあげたいところではありますが、それに関しては注意が必要です。ワンちゃんのお腹は人間が思うよりもよほどデリケート。よくないものを与えると、お腹を壊してしまったりします。そうなると、ワンちゃんはごはんを食べることが怖くなってしまうかもしれません。

この記事では、ワンちゃんがドッグフード以外に食べていいもの、食べていけないものを解説していきます。ワンちゃんがおいしい食事を楽しめるよう、しっかり覚えておきましょう。

ドッグフード以外のものを食べさせる目的

まず、なぜワンちゃんにドッグフード以外のものを食べさせるのか、その目的についてはっきりさせておかなければなりません。確かにワンちゃんがごはんを食べている姿というのはかわいいものがありますが、無闇に色んなものを食べさせると、体調を壊したり肥満になったりしてしまいます。だから、なぜあげるのかを自分の中ではっきりさせてから与えるようにしてください。

まず考えられる目的は、栄養の補助です。たとえばウェットフードをあげている場合などは、植物性の栄養素などが不足しがちです。また、カルシウムは骨の健康を保つための非常に重要な成分。そうしたものを補うために与えるのがよいでしょう。

また、ストレスの解消などにも有効です。雨などでなかなか散歩ができない場合、ワンちゃんはストレスが溜まってしまいます。そうしたイライラを解消するためにボーンなどをあげるというのも考えられますね。小さな室内犬の場合は、この目的で与えることが多いでしょう。

また、これは幼い犬の場合などに多いのですが、食事そのものを楽しめるようにするといった目的で与える場合もあります。まだまだ幼い小さなワンちゃんの場合、食事がいかに楽しいかを知りません。そうしたものを教えるためにおやつをあげるということを、ブリーダーさんは行っているようです。

ドッグフード以外に食べさせてよいもの

それでは、ドッグフード以外にはどのようなものを食べさせてよいのでしょうか。まず頻繁に与えられるのは、リンゴをはじめとする果物です。栄養があるので、補助食品としても使うことができます。

そういう意味では、ニンジンや小松菜などの野菜も十分に有効です。また、意外なところではサツマイモなどもワンちゃんと相性がよいと言われています。たくさんの栄養素を含んでいるだけでなく、消化なども非常に優れているからです。

これらの食品はカロリーこそ低いものの、やりすぎるとさすがに肥満の原因となってしまいますので、ドッグフードの量と照らし合わせながら調節していきましょう。

食べさせてはいけないもの

食べさせてよいものとは逆に、これは絶対与えてはいけない! というものもたくさんあります。たとえば、ネギやタマネギなどです。これらは「アリルプロピルジスルフィド」という化合物を含んでおり、それをワンちゃんが摂取することによって、貧血などの症状を引き起こし、その結果としてめまいや吐き気が発生します。ニラについても同様です。

また、パンや大豆などもおすすめできません。これらの食材はワンちゃんにとって消化があまりよくなく、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうことがあります。また、ワンちゃんによってはアレルギーを発症し、吐き気や下痢、疾患などさまざまな症状を引き起こす原因となるのです。それに加え、糖分が多く、肥満の要因ともなる可能性があります。

ワンちゃんの身体は人間に比べて非常に敏感なので、食べられないものがたくさんあります。ドッグフード以外のものをあげることはいけないことではありませんが、そういった点については十分注意を払いましょう。