ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードを、口コミや評判をはじめ、さまざまなデータから徹底比較しておすすめを厳選紹介!

こんなドッグフードは愛犬にあげてはいけない!?

日本ではさまざまなドッグフードを購入することができます。その種類は非常に多く、すべてのメーカーや商品を覚えているという方は決して多くないでしょう。

とはいえ、ドッグフード選びに関しては、十分に注意を払うことが必要です。なぜならドッグフードというものは人間の食事ほど安全基準が厳しくなく、その中にはワンちゃんの健康を害する危険性をはらんでいるものを原材料として使用しているものもあります。

そうしたドッグフードは、決して選んではなりません。この記事においては、愛犬にあげてはいけないドッグフードの特徴を挙げていますので、是非ご覧ください。

・値段が安すぎる

一時期、ディスカウントショップなどで価格が非常に安いドッグフードが販売されていたことがあります。現在では多少マシにはなっているようですが、やはり値段がかなり安いものが売られていることがあるようです。これらのフードは値段に似合わずかなりの量があるのですが、実はかなり粗悪な原材料で数あわせをしています。

また、栄養分にもほとんど期待できません。使われている素材は野菜クズなどがほとんどであるからです。人間の食べ物で言うなら、ジャンクフードといったところでしょうか。こうしたごはんを毎日ワンちゃんにあげるなんて、到底考えられないですよね。

・豊富すぎる添加物

一見非常に色合いがよく、ワンちゃんから見てもおいしそうに見えるドッグフードがありますが、そうしたものこそ注意を払うべきです。ドッグフードがおいしく見えるよう、さまざまな着色料などを使ってごまかしている場合があります。

また、安価で提供されているドッグフードの中には、危険な防腐剤や酸化防止剤を使い、無理矢理腐らないようにしているものもあるのです。高級なドッグフードは安全な天然成分を使いますが、できるだけコストを下げたい悪質なメーカーは、ワンちゃんの健康を考慮せず、悪影響をおよぼしかねない添加物を大量に投入します。

これは人間の食事にも言えることですが、添加物の多い食べ物は、決してよい影響をもたらしません。ワンちゃんの健康が大事であるならば、絶対避けるべきです。

・成分表に「肉副産物」

ワンちゃんはお肉が好きです。ですので、肉類がたくさん入っていることをアピールしているフードもありますが、それが安価な場合には気をつけるべきです。よくよく見ると、成分表に「肉副産物」といったあいまいな言葉が書かれている場合があります。

これは非常に危険です。なぜなら肉副産物というのは、人間が食べられないクズ肉の部位を細かく砕いて無理矢理加工したもので、その中には毛や爪、くちばしなどが混入している場合があります。

また、これに使われる肉の中には、悪い病気によって死亡した家畜の肉が使われているおそれもあるのです。

こうした肉類がワンちゃんに与えかねない悪影響はかなりのもの。絶対に購入すべきではありません。

・成分表は必ずチェック

こうした危険なドッグフードを購入しやいようにするには、どうすればよいのでしょうか。まず見分けるべきポイントは、パッケージ裏の成分表を確認することです。

そこにはどのような添加物が使われているか、どのような素材を使っているかがしっかり記載されています。悪質な素材を使っていたとしても、この成分表への記載は法律で定められたものなので逃れることはできません。

その他の方法として、あまりにも値段が安すぎたり、色がカラフルすぎるものは避けた方がよいでしょう。特に値段に関しては、節約のため安いものを選んでしまいがちではありますが、これはワンちゃんの食事の問題です。

安いものを与えて病気にでもなってしまったら、そちらの方が大きな問題ではないでしょうか。ワンちゃんのごはんは、将来のことを考えた上で慎重に選ぶようにしましょう。