ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードを、口コミや評判をはじめ、さまざまなデータから徹底比較しておすすめを厳選紹介!

愛犬の体調が良くない?ドッグフードに関わるアレルギーについて

ワンちゃんの健康について、最近かなり意識が高まってきました。今までワンちゃんの食事などについては適当でよいという考えすら蔓延していましたが、そういったものが改められているのです。

中でも注意すべき問題として注目されているのが、アレルギーに関することです。アレルギーを発症してしまうのは人間だけなんて思っていませんか? 実は、ワンちゃんも食事の内容によってはアレルギーを引き起こしてしまうことがあるのです。

大事なワンちゃんの苦しむ姿は見たくない! そんなあなたに向けた、アレルギーを引き起こさないための対策について、この記事で解説していきましょう。

アレルギーの症状

ワンちゃんがアレルギーを引き起こしてしまうと、いったいどのような症状に陥るのでしょうか。基本的には人間と同じようなものがほとんです。たとえば、皮膚の疾患など。皮膚に発疹や腫れなどが起こり、かゆみが発生します。ワンちゃんはそのかゆみに耐えきれず、執拗にかきむしってしまうので、その部分の腫れがひどくなったり、ストレスによって抜け毛が発生してしまうのです。異様に毛が抜けていたり、かきむしるような動作をするようになったら要注意ですね。

また、アレルギーを見分けるためには、うんちの状態にも注意してください。アレルギーを発症していると食べ物が十分に消化されないため、うんちが下痢気味になっていることが多いです。また、嘔吐を繰り返すこともあるので、その様子をよく見ておくべきでしょう。

それに加えて注意しておくべきは、目や顔の腫れなどです。人間もアレルギーを起こす食べ物を摂取すると顔にむくみが出るように、ワンちゃんも同じ症状を発症することがあります。特に目に関しては、日頃から十分にチェックしておくことをおすすめします。

アレルギーを起こす食物

ワンちゃんがアレルギーを引き起こす可能性のある食材ですが、実は意外と数が多いのです。たとえば、大豆や麦、とうもろこしなど。安価なドッグフードの場合、その量を増やすためしばしばこれらの穀物を配合することがあるのですが、これにアレルギーを持つワンちゃんは多いです。なので最近は、こうした穀物を使わないフードが欧米では主流となっているようです。

意外と見落とされがちなのが、牛肉です。大型ワンちゃんの大好物とされ、ウェットフードなどに広く利用されているのですが、実はアレルギー反応を起こすワンちゃんがいるのです。

そして、乳製品や鶏卵などにも注意を払ってください。たとえばドッグフードのトッピングとしてヨーグルトを付け足す方がいるようですが、一部のワンちゃんにとっては毒を盛られているようなものです。ヨーグルトを食べた後で下痢が続くといったような症状が出るのなら、十分気をつけてください。

原因はアレルゲン

なぜアレルギーが発生するのかというと、「アレルゲン」という成分が大きく関わっています。この成分は多分に含まれているタンパク質が要因となって発生することがあり、アレルギーを引き起こす張本人と言えます。

ですので、最近のドッグフードには、たんぱく質をなるべくカットしたものも販売されているようです。

アレルギーを起こしづらい食事

アレルギーを引き起こさないための対策としては、そもそも発生しづらい食材を使用したドッグフードをセレクトするのが有効です。アレルギーが発生しづらい食事の代表例は、たとえば豚肉や魚、ジャガイモなど。これらの食品は高品質なドッグフードにおいてもしばしば使用されている有用な原材料です。

みなさまもペットショップなどでドッグフード選びをする際は、アレルギーを引き起こしやすい食材やそうでない食材がどの程度含まれているかということを、成分表などから確かめた上で購入するようにしましょう。