ワンちゃんの飼い主に人気なドッグフードを、口コミや評判をはじめ、さまざまなデータから徹底比較しておすすめを厳選紹介!

ドッグフードを選ぶ時に気にしておきたい5つのポイント

この記事をお読みになる方の中には、はじめてワンちゃんを飼われるという方もいるでしょう。人間と同じくらい愛しい彼らと付き合う上でもっとも重要となってくるのは、やはりそのごはんです。

人間ですら食の安全についてしばしば取りざたされているのに、ワンちゃんがそれとは無縁なはずはありません。

むしろ人間よりも身体を壊しやすい彼らだからこそ、ちゃんとしたごはん選ぶをしなければならないのです。

この記事では、ワンちゃんのドッグフード選びの際に気をつけていただきたい5つのポイントについて解説していきます。

「安さ」でなく「コストパフォーマンス」

何か商品を購入する上で、みなさんがまず気になされるのはどこでしょうか。やはり、それの値段ではありませんか? 実際ドッグフードにおいても値段はある程度気をつけるべきポイントです。いくらいいものが入っていると言っても、それがあまりにも高価では毎日あげることができませんよね。

ですがそれは、ただ単に「安いものを選べ」というわけではありません。それなりの値段で、しっかりした品質を保っている「コストパフォーマンス」に優れたドッグフードを選ぶということなのです。

やっぱり「無添加」じゃなきゃ!

たとえば、添加物の有無。人間がよく食べているインスタント食品の中にも、着色料や保存料、防腐剤などさまざまな添加物が含まれていることはよくご存じでしょう。実はワンちゃんのごはんもこれと同じ。低品質なドッグフードの中には、インスタント食品と同じような添加物がたっぷり含まれている場合があるのです。

もちろん、これらはワンちゃんの健康にとってよいものではありません。身体の中に蓄積し、病気などを引き起こす原因となる可能性もあります。だから、添加物が入っていない「無添加」なドッグフードを選ぶようにしましょう。

「グレインフリー」が大事です

そして、「グレイン」にも気をつけてください。これは何かというと、大麦や小麦などをはじめとする穀物のこと。こういった素材は本来肉食であるワンちゃんにとって決してよいものではなく、肥満やアレルギー、その他体調不良を引き起こすおそれがあります。ですがこれらは日本においてはほとんど規制されておらず、安くフードの量を増やすために混入されている場合もしばしば!

だから、成分表などをよく見た上で、穀物の使われていない「グレインフリー」なごはんを選んであげるようにしてくださいね。

「素材の原産国や製法」は大丈夫

お肉や野菜などが一見バランスよく含まれている素材であっても、注意が必要です。なぜなら、それらがどこの国で作られたのかということが重要なのですから。たとえば危険なのは中国産。中国で作られた野菜がどれだけ危ういかは、みなさまもご存じでしょう。人間には食べさせられない危険な素材が、ワンちゃんのドッグフードには使われている可能性があるのです。

また、いわゆる「遺伝子組み替え野菜」についても注意すべきでしょう。これらが生き物の体内にどのような影響を及ぼすかは、まだはっきりしていません。そんな不安定なもの、かわいいワンちゃんにはあげられませんよね。こうしたリスクの高いものを食べさせないためにも、「素材の原産国や製法」は必ずチェックしてください。

ワンちゃんの「ライフスタイル」は?

さらにもう1つ、ワンちゃんの年齢や生活スタイルをしっかり把握しておきましょう。たとえば、お宅のワンちゃんが子どもなのかお年寄りなのか、肥満なのかスリムなのか、そうしたポイントが、実はドッグフード選びにも重要なのです。

最近のドッグフードはそうしたワンちゃんの「ライフスタイル」に応じて細かく種類が分けられています。お年寄りワンちゃんには食べやすく骨折を防ぐ栄養分が多めで、肥満なワンちゃんは糖質などが控えめといった感じですね。こうした点もしっかりチェックした上で、ドッグフードを選ぶようにしましょう。